日本高中留学

日本学习院高等科

2020-01-10 10:46:35 hejunping 2343

日本学习院高等科是位于东京都丰岛区的私立男校,在东京都拥有宽阔的校园占地面积,校园内被丰富的绿色包围着。学习院高等科的目标就是实现“广阔的视野”、“丰富的创造力”和“丰富的感受”。学校还鼓励学生在高中阶段出国留学,并且和圣保罗高校签订协议,每年都会推荐校内优秀的学生前往圣保罗高校留学,体验不一样的留学生活。

日本专门学校

日本学習院中・高等科は、東京都豊島区目白一丁目に所在する私立中学校・高等学校。都内では有数の広大な校地と各種施設を有し、緑豊かな自然に囲まれた教育環境である。学習院全体の大きな教育目標である「ひろい視野」「たくましい創造力」「ゆたかな感受性」の実現を目指し、中等科・高等科とで中高一貫教育を行っている。1997年度までは中等科は4クラス編成、高等科は5クラス編成であったが、完全中高一貫校を目指して、1998年度からは中等科も高等科と同様に学年進行方式により1学年5クラスにするとともに、2000年以降は高等科からの生徒募集を10名程度に抑え、現在では準完全中高一貫校化している。

沿革

1877年(明治10年) - 華族学校学則制定。神田錦町にて開業式を挙行し、天皇皇后親臨、勅諭・令旨を賜わり、あらためて「学習院」の勅額を下賜される。

1884年(明治17年) - 宮内省所轄の官立学校となる。

1888年(明治21年) - 学習院は麹町区三年町(虎ノ門)の旧工部大学校跡に移転する。

1890年(明治23年) - 四谷区尾張町に移転する。

1908年(明治41年) - 東京府下高田村(目白)に移転する。

1919年(大正8年) - 学習院の高等学科を高等科に改める。

1945年(昭和20年) - 学習院・女子学習院に関する官制廃止される。

1947年(昭和22年) - 財団法人学習院による新しい経営が始まり、学習院は一体として私立学校となる。新制学習院中等科が発足。

1948年(昭和23年) - 新制学習院高等科を開設する。

1951年(昭和26年) - 学校法人学習院となる。